「繊細さと感性」を美徳とする日本人に贈る Web世代スローエンターテイメントブログ 

カタパンタ・グラフ

Mihawg | カタパンタ・グラフ

今更ですがPanoramio
あれこれ見てると旅行に行きたくなったり、ならなかったり。
'Photos by TACHY/RAWSEQ'
Panoramio
明らかなバックデートで失礼します・・
GoogleMapやEarthに載せたいと思って、掲載してみました。
やっぱり規模が違いますね。プロモーション手段が悪くて埋もれたのか、「0 view」(閲覧者無し)の嵐です・・・
でも、ドイツの人から「印象的!よくやった。」とのコメントいただきました。見てる人は見てるんですね。Googleで初めてドイツ語翻訳やってみました。返答あってるか心配です。
Panoramio
▲Panoramioの図
◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 23:27 | comments(14) | trackbacks(0) |
異常気象ですか?
偉い人は言いました。「天候の話題が挙がると、どうやらネタ切れのようだ」と・・
'新緑と紅葉'
TACHY/RAWSEQ

朝の通勤時、道を歩いていると、頭に落ち葉が乗っかってきました。「もうこんな季節か」と思えば4月中旬。
木をよく見ると、紅葉と新緑が丁度半々で混じり合っていました。
あまり植物に詳しくない自分にとって、木の葉が芽生える傍らで紅葉落葉しているのは不思議な感じだったりします。
異常気象の影響ですかね。
でも後でよく考えると最初からこういう木だったような気が・・

今回は豪華二本立て。続きをどうぞ〜
新緑と紅葉
▲新緑と紅葉の図
◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 03:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
大天使の落とし羽
ちょっとありがちなタイプのものをひとつ
'大天使の落とし羽'
 

タイトルのネーミングが尋常ではなかったですが・・すんません、思いつくままにつけてしまいました。
こんなでっかい羽根だと本体はものすごく大きそうですね。なんで頭に「大」ってつけると、いかついことになりました。
今のところ、白いふわふわしたもの→羽根といった単純な連想で精一杯だったりします・・
落とした羽根
▲落とした羽根の図
◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 01:50 | comments(5) | trackbacks(0) |
「光解き放つ柱」【ブログdeフォトコンテスト応募作品】
たまにはこんなかんじでよろしいでしょうか・・・だめ?
'光解き放つ柱'
「ブログdeフォトコンテスト」応募

タイトル: 光解き放つ柱
応募部門: 光
撮影者: RAWSEQ(ロウゼク)
撮影機材: au W61SA(携帯)
撮影日: 2009/06/12
撮影データ: 標準(PCクオリティ)
被写体の情報:海浜公園の広場から、近隣の河川(運河?)に面し撮影
使用レタッチソフト: 
Fanfare Photographer
光解き放つの図
▲光解き放つの図
コメント: :”空に向かって光を放つ柱は、燃やすように辺りを照らす。”
工事中の橋脚に夕日を当てて撮ってみました。
まるで、柱が空に向かって、ものすごい熱量の光を放っているかのように見えます。
作品応募ページへ
◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 00:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
波打つ躍動感
躍動感をイメージして切り取ってみた
'躍動の旅路'
Mihawg

もう夏!ということで・・・夏らしい作品を一枚。
以前撮ったものですが、躍動感をイメージして切り取ってみました。道も緩やかな放物線を描いている所を撮っているのですが、光の屈折のせいか、踊るように道が波打って見えます。もちろん、加工も行っておりません。
空のスペースがなんとも映える一枚です。
躍動の旅路
▲躍動の旅路の図
◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 01:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
光解き放つ柱
またまたきました。気になるネタ
'光解き放つ柱'
Mihawg(2009/05)

空に向かって光を放つ柱は、燃やすように辺りを照らす。

例の礎に夕日を当てて撮ってみました。まるで、例の礎が空に向かって、ものすごい熱量の光を放っているように見えます。
海に写る夕日も趣があってよろしいですな。

■写真見れます。是非見てください。
柱
▲扇状に燃ゆるの図


◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 02:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
海上の礎
やっときました、気になってたネタ
'紡がれる礎'
Mihawg(2009/01)

礎は海を独り静かに立っている。並んでいれば、やがて紡がれるであろう。

いやー、高速道路高架の典型的な工程なのですが、海上でもこんな作り方なんですね。(他に作り方思いつかないですが)
海の上を整然と立っている様な存在感を強調しています。
携帯変えて、画素数が落ちたので、ちょっと画質が悪くなりますが、気にしないでください。(ダメ?)

■写真見れます。是非見てください。
礎
▲海の上に立つの図

■写真見れます。


◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
再び可動橋
青と白の存在感、再び
'羽田可動橋'


以前のものより、撮り方を変えてみました。
青空に浮かび上がる筐体が印象的です。
建造物はデジタルカメラで撮ったほうがきれいに写る気がします。(というか今時は大体デジカメですよね。)

すっかり気を抜いてしまいました・・
コンテンツパワー蓄積中です。

wave
▲可動橋

◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
空を映す海
Mihawg 本年度のお言葉
空を映す海
Mihawg New Year 2008

都会の海の写真です。都会の海は汚れているという印象がありますが、こんな形で写してみました。空の青と微妙に違う海の色の組み合わせが良い感じです。

海の色自体は黒色に近いのですが、空の光を反射させ、空の色を写した海の写真です。実は海の方が黒色に近いほど、空の色を反射し空を鮮明に写します。
「汚い海」という本質を避けている点はありますが、今年は「見方を変える」一年にしたいと思います。

無理やりなこじつけの様ですが、よろしくお願いいたします。

画像を見る
海



◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
青空と鉄骨
鉄骨の枠に囲われた街の青空は意外と広かった
青空と鉄骨
Mihawg

橋の鉄骨アーチを枠にして街を撮ってみました。
鉄骨に囲われている街は以外と空が広く感じられました。
青くペイントされたアーチは打ちっぱなしのボルトを見せながらも、その大きく広がった鋼材構造を空と同調させようとしていました。
Mihawgの路線が変わってきましたね・・青が好き。ということで…

この画像の詳細を見る
青空と鉄骨


◆ この記事のシェア用リンク

| Mihawg | 02:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
メインメニュー




Photo 携帯とコンデジをなんとか駆使して撮ってます DISCOGRAPH お気に入りの音楽を紹介します Web Tech サーバーからアプリケーションまでのウェブテクノロジーを紹介 Gadget デジタル小物のちょっと変わった使い方を紹介 Planless Walk 無計画だから面白い、無計画散策シリーズ Press Release 折角なのでRAWSEQの作品を紹介 Fiction ちょっとした未来にありそうな想像の話 Dream 寝て見た夢の話 Fine Quality ファインクオリティ 2/month Update 月2回更新 Full Graphics 全てグラフィック付き good description awards 推奨 Alternative genre オルタナティブジャンル Twitter Facebook
カテゴリ
バッグナンバー
総合演出
RSS