「繊細さと感性」を美徳とする日本人に贈る Web世代スローエンターテイメントブログ 

カタパンタ・グラフ

DVD-Rメディア保存にご注意。いつの間にか飛ぶ不幸 | カタパンタ・グラフ

DVD-Rメディア保存にご注意。いつの間にか飛ぶ不幸
「いつの間にか読めなくなった〜」の恐怖
'DVD-R'

久しぶりに撮り溜めた過去の海外ドラマ等を見ようとして起こった不幸な事件なのですが、2年ぐらい前に保存していたDVD-Rのデータが正常に読み取れなくなってしまいましたTT)
調べてみると、DVD-Rの耐用年数は公式データではないですが、冷暗低湿な場所での保管で数十年から100年らしいです。湿度や温度はともあれ、暗いところに静かに保管していたのですが、うちの2年に比べると程遠い年数ですね・・。

▲ いつの間にか読めなくなった〜の図
DVD-R自体有機色素を強い光(レーザー)で変化させることで記録しているので、赤色のインクが色褪せていく様に劣化は必ず進行します。冷暗所保管といっても取り出す時に光にさらされ、読み出すときにレーザーにさらされますので・・・そうやって読めなくなる部分が断片的に現れるのですが、ディスクの急所とも言えるある場所が読めなくなると、ディスク自体認識できないといった致命的な状態になるようです。
今考えると、既にハードディスクは1.5TB(1500GB)で6000円ぐらいなので、DVDで言うと300枚は入ります。バイト単価にしても断然ハードディスクがお得なので、急いで過去のDVDを移行しています。もう一台をバックアップ(ミラーリング)してある程度の間隔で通電させておけば、「いつの間にか読めなくなった」という不幸な出来事はなくなりそうです。
映画やテレビ番組などの動画や、バックアップデータをDVD-Rに保存されている方は少なくないと思います。「いつの間にか読めなくなった」になる前に一度ご確認ください。
◆ この記事のシェア用リンク

| フィクション | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< NintendoDSとCubaseの合わせ技 | main | 第3世代iPadでCore i5でも重たい動画を再生してみた >>









http://blog.ltside.com/trackback/864976
メインメニュー




Photo 携帯とコンデジをなんとか駆使して撮ってます DISCOGRAPH お気に入りの音楽を紹介します Web Tech サーバーからアプリケーションまでのウェブテクノロジーを紹介 Gadget デジタル小物のちょっと変わった使い方を紹介 Planless Walk 無計画だから面白い、無計画散策シリーズ Press Release 折角なのでRAWSEQの作品を紹介 Fiction ちょっとした未来にありそうな想像の話 Dream 寝て見た夢の話 Fine Quality ファインクオリティ 2/month Update 月2回更新 Full Graphics 全てグラフィック付き good description awards 推奨 Alternative genre オルタナティブジャンル Twitter Facebook
カテゴリ
バッグナンバー
総合演出
RSS