「繊細さと感性」を美徳とする日本人に贈る Web世代スローエンターテイメントブログ 

カタパンタ・グラフ

Windows 管理権限モード最強の暗黙ルール | カタパンタ・グラフ

Windows 管理権限モード最強の暗黙ルール
きっと ”Windows嫌い” はディレクトリ名にスペースやマルチバイトコード(日本語等)が多用された頃から始まったんだと思う・・
'UAC'
〜Microsoft Windows Vista,7〜

WindowsXP以前からパソコンを使っていた人には違和感を感じるVista,7でパワーアップした機能「ユーザーアカウント制御(UAC)」ですが、「画面がちらつく・・」「管理者って・・」といろいろ戸惑いつつだんだん理解していったものと思われます。
(UNIXや他のネットワークベースOSに触れていた方は別として)
しかしながら、エンドユーザーにとっては理解し難い機能がまだ存在していました。

▲「システム」を象徴するブルー の図
比較的古いアプリを使っている時、アプリ上で書き込まれているであろうファイルを直接閲覧してみると、書き込まれてない(或いは存在すらしない)といったことは無いでしょうか?

これ、実はアプリ上ではそこに書き込もうとしているんです。ただ、アプリを使うユーザーでは書き込みできない場所に書き込もうとしているから、仕方なくWindowsが別の場所に保管して、アプリには書き込まれているように見せているという仕組みになります。

その保管フォルダは c:¥Users¥【ユーザー名】¥AppData¥Local¥VirtualStore¥

恐らくほとんどの人はグーグル先生無しにはこのフォルダに辿りつくことができないでしょう・・(そもそも隠しフォルダだしw)
この仕様、使用者にとっては「書き込まれているはずのファイルが書き込まれていない、元に戻ったのか?」とかなり理解に苦しむものです。

WindowsがVista,7になって、やっとネットワークを意識した「ユーザー」ベースの仕様にバージョンアップする際に、そのフォルダ自体を「ユーザーは書き込みできない」ルールに変更しました(でないと誤ってアプリを消したり、乗っ取られて悪さをされてしまうから)。
しかし元々、アプリと同階層にini(設定を保持するファイル)を置く様なアプリは昔から慣例的にあったので、仕方なくそういった仕様となったものと思われます。
かく言う私もそういったアプリの開発者でしたw (CASTPAD等)
ご迷惑をおかけしております^^;>
◆ この記事のシェア用リンク

| 技術事 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 長距離大容量通信の話 | main | 長距離リモート録画システムの考察 >>









http://blog.ltside.com/trackback/864987
メインメニュー




Photo 携帯とコンデジをなんとか駆使して撮ってます DISCOGRAPH お気に入りの音楽を紹介します Web Tech サーバーからアプリケーションまでのウェブテクノロジーを紹介 Gadget デジタル小物のちょっと変わった使い方を紹介 Planless Walk 無計画だから面白い、無計画散策シリーズ Press Release 折角なのでRAWSEQの作品を紹介 Fiction ちょっとした未来にありそうな想像の話 Dream 寝て見た夢の話 Fine Quality ファインクオリティ 2/month Update 月2回更新 Full Graphics 全てグラフィック付き good description awards 推奨 Alternative genre オルタナティブジャンル Twitter Facebook
カテゴリ
バッグナンバー
総合演出
RSS