「繊細さと感性」を美徳とする日本人に贈る Web世代スローエンターテイメントブログ 

カタパンタ・グラフ

DISCOGRAPH | カタパンタ・グラフ

VIRT FX3もう出てたんですね・・
8bit FMの限界と戦っています!
'FX3'
VIRT

2006.11.23にVIRT「fx EP」を紹介しましたが、あれから続編が出てました(全く気づかなかった…)。
Monotonikで見つけてから、ずっとこちらばかりチェックしてましたが、
「8BITPEOPLES」というイカニモなところで音源がダウンロードできるようになっています。
相変わらず、8bitにこだわっていろんな事されてますね。8bitFMもこれだけ使い込まれれば本望でしょう。いろいろと吸収させてもらってます。
wave
▲VIRTとは関係ないですが、一枚
imeemで紹介されていましたので、プレイリストにしてみました。再生ボタンで視聴できます。

曲の構成はたまに理に適っていなかったりしますが、1フレーズ毎の表現がいいですね。FM音源でがんばってるってところが面白いです。

ついでにTACHY/RAWSEQもimeemやってみました。
http://www.imeem.com/rawseq/
是非、見に来てくださいね。

chiptune

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
黒船は外国からやってくる
GS(グループサウンズ)熱再燃なもんで!って言いすぎですか?
Join With Us
The Feeling (2008)

個人的注目度が高い「Island」がYouTubeのオフィシャルで配信されていたので、ちょっと覗いてみると・・・よさげなものを見つけました。
ビートルな方々を髣髴とさせる雰囲気ですが、ちょっと感傷的だったり、ちゃんとロックやってたりします。

オフィシャルが配信してますので気兼ねなく貼れますね。また聞いてみてください
●Join With Us (YouTube)
●Turn It Up (YouTube)
wave
▲商品詳細

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 04:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
跳ねてます。
エレクトリカルポップは元気に跳ねてるのがいいですね。
'悲しみをやさしさに'
little by little (2003/12/17)

「悲しみをやさしさに、自分らしさを力に、歩き出して」に掛かる「もう一回」のリフレインはかなり印象的ですね。
また、アルバムでは見つけられなかったんですが、このシングルの中の「Ireland fortune market」もエレクトリカルポップにふさわしく、いい感じに跳ねてます。
wave
Amazonで発売中(こちらから)

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
振り返ってみて
実はエフェクトセンスが結構良い?
'プレゼント・フォー・エヴリワン'
BUSTED(2003/11/19)

ブリティッシュ(英)で、この時代で、この位置づけで、このセンスは結構珍しいのではないかと気づきました。
一曲「Year 3000」がJonasBrothersにカヴァーされていたので、ディズニー系のプロデューサーに染まっているのかなと思ったら、スタンドバンドライクで自作曲が多いようですね。
いつもは、ポッドで歩きながら聞いてるんですが、家で音域を広げて聴いてみると、実はエフェクトの作りこみが凝っていたり、新しい発見があったりします。

「Year 3000」とか聴いてみます?
wave
Amazonで発売中(こちらから)

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
アマゾンの話
何かと話題な一作
'Cipher'
The Alpha Conspiracy(2001/01/01)

Alpha Conspiracyがいつの間にか日本のアマゾンでも買えるようになりました。これで外国為替とか気にしなくてよくなった!と思ったら…

日本のアマゾンでは中古で最低でも1万円超えてました。
米アマゾンの同新品商品は、.97…
随分ふっかけられてますね。

しかも、米アマゾンのMP3ダウンロードサービスでは、.99-。自分にはこれで十分そうです…

ケチい話ですんません…

この商品の詳細を見る
wave
Amazonで発売中
(こちらから…っておすすめできません…)

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 02:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
久しぶりに日本語の曲
いまさらって感じですが・・
'世界はそれを愛と呼ぶんだぜ'
サンボマスター(2005/8/3)

どこかで流れてるのを聴いて、愛を熱く語れる性分でも無いですが、単純に「いいなこれ」って感じました。
「恋愛」以外にも「家族愛」「愛の鞭」いろんな愛の形があって、それに気づいている人・気づかない人がいる。
でもそれは、人の主観でしかかたどれないので、「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」って言い聞かせてるようです。
まあ、主観と客観が違うので面白いっていうこともありますが…
また聴いてみてください

この商品の詳細を見る
wave
Amazonで発売中(こちらから)

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
MODミュージック
ボイスエフェクトが浸透してきた今の時代なら、割と容易に受け入れられるのでは…
The Hornet Archive
'scene.org'

1987年〜2000年頃のメガデモシーンが集結した「HORNET」は更新されていないものの、アーカイブとして今も健在です。
自分は後期になりますが、MOD(音楽ファイルの一種)に夢中になっていました。

好きだった曲を並べてベスト盤を作ってみました。
Hornetの検索窓にタイトルを入力すると、音源をフリーでダウンロードできます。
プレイヤーソフトはModPlugで、


wave
)))))))) MOD SCENE BEST HITS ((((((((
■1.Orchard Street by Necros | Five Musicians
(さわやかジャズ調エフェクトが心地よい)
■2.Nine One One by WAVE | Maniacs Of Noise, Five Musicians
(SweetDreamsに次ぐ有名曲)
■3.Tangerine Fascination by Necros
(全体的に広がりのある曲)
■4.Deadline by Wave
(アクティブなSaw回しがいいですね)
■5.On the Rocks by Necros
(終盤のメロディー回しに心動かされました)
■6.Search For The Lost Riff by Necros, Basehead
(サビの盛り上がりがいいです)
■7.Sweet Dreams by Elwood
(MODといえば…の定番曲)

ほとんどがFM(FiveMusicians)のメンバーの曲ですね。
もっと良い曲があったら教えてください。

ボーカロイドやボイスエフェクトが浸透してきた今の時代なら、割と容易に受け入れられるのでは、と思い、挙げてみました。
是非、お楽しみください。

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 04:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
とりあえずエキサイト
ネットで発見。元気なインディーズ
runova×handover
NICO Touches the Walls (2006/10/18)

ネットで偶然発見した最近のインディーズですが、とりあえずエキサイトできる曲を発見しました。(ライブ映像では、それほど盛り上がってなさそうだったりしますが…)

「泥んこドビー」や「武家諸法度」等、面白そうなタイトルを並べてきます。歌詞はやっぱりひねくれてますね。
最初聞いたときはメロディー運びにちょっと違和感がありますが、何回か聴いているうちに、それが面白くなってきます。
オフィシャルサイト(視聴できます)

この商品の詳細を見る
wave
▲ Amazonで発売中(こちらから)

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 04:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりに聞いてハマった曲
今時聴いても退屈しない・・・あれ?あまり聴いてなかったからか?!
HAPPY BIVOUAC
(1999/12/02)
the pillows、 他

最近になって、やっと自分の耳にもハマった「the pillows」。最近も活動している結構長いロックバンドですが、その中でも一番好きなアルバムです。
当時は、「流行」や、「時代に流される」っていう点に神経質になった歌詞をよく耳にします。
こゆい味付けのフレーズが認められなかったのか、ひねくれ者が好む歌詞が含まれていたせいなのか、なぜかマイナー感が否めないところですが・・・
最近の「ロングテール時代」に再燃(・・?)すると面白そうですね。

▼ オフィシャルページで視聴できます

この商品の詳細を見る
wave
▲ Amazonで発売中(こちらから)

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ANCHOR(アンカー)のテーマ
山本アナ、ギャップありすぎ
Beyond the Sunset
功刀丈弘 & Abyss of Time (2006/12/06)

最近、特に夕方と深夜のニュース番組演出の質が特に上がっているのを感じます。
大阪に帰ってテレビを見ると、関西ローカルの「スーパーニュースANCHOR(アンカー)」という番組が特に気になります。
使用されているテーマソング功刀丈弘(くぬぎたけひろ)の「Beyond the Sunset」が結構良くて、耳から離れません。

しかしながら、キャスターの山本アナは、同局のバラエティー番組「ナンボDEなんぼ」でも、「ハゲ」にコンプレックスを抱くキャラとして出演し、イロモノ的イメージが強く、そのイメージが拭えません・・・
(関西ローカルネタですみません。)


この商品の詳細を見る
wave
▲ Amazonで発売中(こちらから)


HATS オフィシャルウェブサイト 功刀丈弘
こちらの最新リリース
7. Beyond the Sunset 〜TV version〜
が視聴できます。

◆ この記事のシェア用リンク

| DISCOGRAPH | 20:27 | comments(1) | trackbacks(0) |
メインメニュー




Photo 携帯とコンデジをなんとか駆使して撮ってます DISCOGRAPH お気に入りの音楽を紹介します Web Tech サーバーからアプリケーションまでのウェブテクノロジーを紹介 Gadget デジタル小物のちょっと変わった使い方を紹介 Planless Walk 無計画だから面白い、無計画散策シリーズ Press Release 折角なのでRAWSEQの作品を紹介 Fiction ちょっとした未来にありそうな想像の話 Dream 寝て見た夢の話 Fine Quality ファインクオリティ 2/month Update 月2回更新 Full Graphics 全てグラフィック付き good description awards 推奨 Alternative genre オルタナティブジャンル Twitter Facebook
カテゴリ
バッグナンバー
総合演出
RSS